信楽火まつり

信楽火まつりevents introduction

信楽火まつり

開催:毎年7月 第4土曜日

場所:新宮神社 — 信楽地域市民センター — 愛宕山

event_himatsuri1
event_himatsuri2

火まつりは、古くは数百年前、江戸時代以前よりつづくと伝えられる祭りで、「陶器づくりに欠かせない火」、「産業や生活・文化に欠かせない火」への感謝と火に関わる安全を願って行われます。
新宮神社から、愛宕山山頂の神社(愛宕・秋葉神社、陶器神社)に松明を奉納します。
このまつりは、もともと7月23日に行われていましたが、近年、7月の第4土曜日に開催されています。
奉納ルートは、奉納提灯、沿道の足灯り、イルミネーションなど様々な趣向を凝らした約2km(約50分)。
毎年700本程度の松明が奉納されます。
終点では、花火を背景に、紫香楽太鼓「炎」が演奏され、奉納者には記念メダルが渡されます。