信楽焼使用上の注意

信楽焼 使用上の注意handing warning

ひとくちに信楽焼と言っても、さまざまな商品があります。
そのどれもが伝統の技に支えられ、焼き物の可能性を追求した陶器です。
陶土と呼ばれる粘土を主原料とし、その持ち味を最大限に活かした風合いは陶土と炎が織り成す絶妙なバランスによって生まれます。
信楽焼ならではの、深い味わいをお楽しみください。

商品よっては表面及び内面のザラツキ等にご注意ください。

信楽焼の土は荒土が特徴で吸水性があるため、長時間水分を入れたまま放置されますと、底部から水分がにじみ出る場合がありますのでご注意ください。

重量のある商品は設置及び取り扱いに充分ご注意ください。また底面処理をしておりますが、設置場所によっては万一に備え、敷物や保護材等をお使いください。

置物|テーブルセット

屋外でご使用の場合、長年の風水により変色、貫入の恐れがありますが、使用上の問題はありません。また強風時に転倒の恐れがある時には、屋内等に収納ください。
※貫入・・・陶器に掛けてある釉薬に細かいヒビが入ること。陶器自体の直接のヒビではありません。

陶照明

屋内用、屋外用の区別にしたがってご使用ください。電源はAC100Vコンセントを使用してください。

コードは必ず差込みプラグを持って抜いてください。コードを引っ張ると事故のもとになります。

窓際等に置く場合は、風、カーテン等にご注意ください。転倒、過熱事故のもとになります。

手洗い鉢

商品よっては表面及び内面のザラツキ等にご注意ください。

水漏れ処理をしておりますが、長時間水分を入れたまま放置されますと、底部から水分がにじみ出る場合がありますのでご注意ください。特に洗剤液を長時間入れたままにしないでください。

水、湯等に浸した場合、変色したり貫入等が入る場合がありますが、釉薬の特徴ですので品質には関係ありません。
※貫入・・・陶器に掛けてある釉薬に細かいヒビが入ること。陶器自体の直接のヒビではありません。

つくばい|水鉢

水漏れ処理をしておりますが、室内でご使用の場合は万一に備え、敷物や保護材等をお使いください。

厳冬期に屋外にしますと、氷結し、氷が膨張することにより、破損する場合があります。

植木鉢|プランター

強風時に転倒の恐れがある時には、屋内等に収納ください。

厳冬期に屋外にしますと、氷結し、氷が膨張することにより、破損する場合があります。水または養土が氷結し、氷が膨張することにより、破損する場合があります。

土、インナー等の投入の際には強いショックを与えないでください。